お薦め情報










その他・お薦め情報


筋肉トレーニングと器具選び

効率的に筋肉トレーニングをしようとするのなら、ジムだけでなく自宅にもひとつは筋肉トレーニングの器具を購入するのが良いでしょう。

大型のマシンを購入するのは難しいので、様々な用途に使える幅広さと場所をあまり取らない手軽さで、自宅に置く筋肉を鍛える器具はダンベルをおすすめします。

最近では低価格の手軽なものも販売されていますが、筋肉をしっかりと鍛えたいのであれば重量の調整がきくものを購入しましょう。また、種類によって使い勝手が大きく変わってくるので、慎重に選ぶ必要があります。

まずは、シャフトの種類です。重りを支えると同時に、握る部分にもなる棒です。これにはシャフト側にねじ山が刻まれているスクリュー型のものと、ストッパーをで押さえるノーマルタイプのものがあります。

ノーマルは棒はツルツルの状態で、ネジの締め付けによってプレートを固定するのですが、滑って外れやすく、ダンベルを水平以外にする筋肉トレーニングには使用しにくいので、ねじ山が刻まれている方が安全でしょう。プレートの交換に若干手間取りますが、安全には変えられません。

次に、重りです。金属製のものと、金属をゴムで覆ったものがあり、前者の方が安いのですが、ゴムで覆ってある方が持ちやすさや安全性が高いので、長く使うのであれば後者を選びましょう。

というのも、金属タイプだと汗をかいた状態で掴もうとすると滑りやすいですし、うっかり落とすという事故が起こりやすくなります。ゴムで覆ってあれば滑る心配もなく、安心して持ち上げることが出来ます。

またこの際、できれば重りのプレートに持ち上げる際の取っ手となる穴が開いているものを選ぶと良いです。手に滑らず、持ちやすく、安全性が高いという理想的な重りになります。穴が開いていないタイプのものは、床に水平に置いた時に、持ち上げるのに苦労することになります。

筋肉を鍛えるための器具としてのダンベルは非常に用途の幅が広く、様々なメーカーが販売しています。自分の目でしっかりと確認して、自分の筋肉や生活状況に合ったものを選ぶようにしましょう。