太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » すべり症のトレーニング

すべり症のトレーニング

すべり症であると医師に診断されたとしましょう。その場合、スポーツを始めとする、腰に負担をかける運動はすべて休止します。

すべり症では腰が弱っている状態となるので、負担がかかると、痛みが引いていく時間が長引いてしまったり、最悪症状が悪化することもありえます。すべり症克服のための第一歩としては、最初はコルセットなどでサポートしながらすべり症の痛みが引くのを待ちます。

それが落ち着いてから、腰を補助するための筋トレを行い、筋肉をつけていきます。焦る気持ちは理解できますが、痛みが残っているままの状態でストレッチや筋トレを行うことは逆効果となってしまうこともあり得ますので、注意しましょう。

すべり症に関しての専門知識を持ち合わせていることなどほとんどないでしょうから、医師や専門家の指示、アドバイスを聞くようにしましょう。

すべり症に限ってのことではありませんが、とにかく自己判断での暴走はやめましょう。先に述べたとおり、痛みが引くのを待って、ストレッチや筋トレを行っていくのですが、無理や意味のないストレッチ、逆効果となるストレッチなどにも成り得ますので、素人考えで動くのはお勧めできません。

正しいトレーニングによって力をつけた腰の筋肉によって、適切な位置で腰を支えることが出来るようになります。とにかく、腰にかかる負担を軽減するのが目的です。

また、これらのトレーニングは継続することが大切です。途中で怠けてしまうと、腰を支える筋肉がいつまでたってもつかず、負担を低減してやれません。そのため、いつまでたってもすべり症の痛みが続くのです。また、一朝一夕でのトレーニングも意味がありません。

腰の痛みが引いているときに、少しずつ継続して行うことが効果的で、そうして徐々に筋肉が強化されていくというわけです。痛みが出た時は、無理をしないようにしましょう。