太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » 変形性膝関節症の治療とトレーニング

変形性膝関節症の治療とトレーニング

変形性膝関節症は膝の軟骨や骨が削れていくことにより痛みが出てくる病気ですが、変形性膝関節症の名医にしっかりと診てもらった上で、太ももの筋肉などを鍛えることで、発症を予防したり早く回復させることが出来ます。

なぜ膝の病気に太ももの筋肉が関係してくるのかというと大腿四頭筋のほか太ももの筋肉は膝をコントロールするのにも使われている筋肉で、こうした筋肉を鍛えることで膝の動きをスムーズに行えるようになったり関節から滑液という粘り気のある成分が出て関節をスムーズに動かせるようになり膝に掛かる負担を減らすことが出来ます。

大腿四頭筋を鍛えるトレーニング法はたくさんあり、自宅でも簡単に行えるものもたくさんあります。

例えば椅子に腰掛けて行うものだと椅子に腰掛けて片足を膝がまっすぐになるまでゆっくりと上げていきまっすぐな状態で5秒間固定します。

5秒経ったらゆっくりと戻してもう片方の脚も同じ動作を行いこの動作を20回繰り返します。1日この一連の動作を朝・夕毎日行いましょう。

寝ながら行えるトレーニングだと仰向けになって片方の膝を直角に曲げてもう片方の脚を膝を曲げないように20センチほど上げて5秒間静止します。

それを20回左右両方の脚で行うというものがあります。これらの方法以外にも以外にもたくさんのトレーニング法があるので色々調べてみて自分に合ったものを行うと良いでしょう。

その他脚の筋肉を鍛えると膝に掛かる負担を体中の筋肉に分散することが出来、変形性膝関節症になる可能性をだいぶ減らせることが出来ます。

それだけでなく毎日運動を続けることで自己代謝機能も活発になり変形性膝関節症以外の病気に掛かり辛くなります。

長い人生を病気や怪我のまま長期間過ごすことの無いように毎日少しずつでもトレーニングを行うようにして、健康的な身体を手に入れましょう。