太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » 腰痛のストレッチ体操

腰痛のストレッチ体操

腰部のストレッチ体操は、腰痛予防、また改善に、多くの方が用いられている方法です。このような体操はいわば腰痛解消の基本です。

椅子に座りっぱなしで作業をしていたり、読書をした場合に、しばらくたってから腰を伸ばしてみることは誰もが経験のあることと言えますが、この時はほとんどの方が腰まわりがすっきりとしてくると言います。

ですので、これをより基本を抑えながら効果的に用いることは、腰痛にとても効果があります。

腰痛の原因の大きいものとして、筋肉の凝りがありますが、腰まわりの筋肉が凝ってくると、神経を圧迫してしまったり、その症状も重くなりがちです。

また椎間板ヘルニアがある場合はもっとひどく、神経圧迫によって下肢にも症状が出安くなります。

また、中川式ストレッチの基本は、常に収縮しながら動いている筋肉を伸ばしていくことですが、できるだけゆっくりと、また息を吐きながら行っていかなければなりません。

くれぐれも急なストレッチをしたり、反動をつけてみたりしないように注意すれば、短期間でも効果は出ます。

まずは、腰の前の筋肉をほぐすストレッチです。立った姿勢から、片足を後ろ側に上げて、足の甲の部分を持ちます。

そのままゆっくりと足を持ち上げて、股関節の前面側が伸びるのを意識しながら10秒程度静止します。このサイクルを左右の足で3回ずつぐらい繰りかえします。

この方法によって股関節にも刺激が伝わり、股関節を柔らかくすることによって、体のバランスの改善にも効果があります。

次は腰の内面の筋肉をほぐします。立った姿勢で両足を大きく開き、両膝の上にそれぞれの手を置いて、前傾の姿勢をとります。

次はそのままゆっくりと片方の膝だけを曲げていき、反対側の内股が伸びていくのをイメージしながら10秒間静止します。この方法も左右の足で3回ずつぐらい繰りかえします。

痛みがあったら中止しなければなりません。痛みの原因を探り、対処してから再開するようにします。

すべり症を治すストレッチをご紹介しています