太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとは、インテリア用語になります。ただ、その意味まで知っている方はあまりいないと思います。

「リフォームと同じ意味なら、リノベーションなんて言い方は面倒だからしないで欲しい」そう思われる方が多いようです。

そんな方たちのために簡単に説明しますと、リフォームとリノベーションは途中までの工事の過程は一緒です。

リフォームは、老朽化した建物を元の性能に戻す事で、クロスの張り替えやキッチンやお風呂を交換するなど小規模な工事の事を言います。

それに対してリノベーションは建物の元の性能以上に付加価値を付ける事で、最新の設備を取り入れたり、間取りなどを変えたりと、リフォームより工事の規模も大きくなります。

簡単に言えば、リノベーションとは改善する事。そして、建物の価値を現在以上に高めることを言います。例えば、1500万円中古物件が、工事によって付加価値が付き2000万円の価値になる。

それに対してリフォームは、修繕する事であり、工事をしても1500万円以上の価値にならない。そういう事になります。

リフォームとリノベーションには同じような意味でも、大きな違いがあるということを知っておくと、将来的に物件の出口を決める時に楽になります。