太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » 五十肩のリハビリについて

五十肩のリハビリについて

五十肩に悩むと、色々な方法を取り入れて試行錯誤するのが常と言えます。病院で治療を受けてみて、とにかく痛みが治まるまでは安静にするべき、と言われながら肩コルセットをはめてみたり肩にアイシングをしたりしてもなかなか収まらないことも多いのが五十肩ですが、他の治療法を受けてみたとたんに五十肩の症状が即効で改善した、という例も少なくありません。

このように五十肩には色々な治療方法がありますが、どれも同じように言えることが、リハビリの大切さです。

五十肩は急性期を過ぎれば、病院で湿布を受けたり、鍼灸を受けたりと、様々な方法で治療をしますが、リハビリをしなければ、肩の筋肉は固まったままで衰えてしまい、可動域はますます拡大できないままになってしまうのが常です。リハビリをしなくても治ることは治ります。

つまり痛みが無くなるのですが、その後も完治させるために要する時間は長くなってしまい、いつまでも不自由な生活をしなければならなくなる場合も多く見られます。

急性期でも効果のあるリハビリ法がアイロン運動です。これはアイロンという名前がついていますが、日常使うもので適度な重さがあり、また安定して持つことができるようなもの、例えばトレーニング用のダンベルなども用いることができます。

ダンベルやアイロンを手にしっかりと持ってからぶらぶらとぶら下げるように左右、前後に振るだけでも肩の筋肉は鍛えられ、また可動域も広がりの傾向を持ってきます。

タオル体操も有名です。これはタオルを両手にもってただ背中を洗ったりこすったりするような動作をするだけです。五十肩を起こしていない方の腕は上側に持ってくることができます。そして痛いほうは下側にして、最初は少なめにこするようにします。

このような簡単な体操法を用いるだけでも、何もしないよりはかなり五十肩の改善にメリットがあります。ラジオ体操も効果的です。プログラムをできればすべて消化できるようになるまでを目標にするのが良いと思います。