太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » O脚と健康

O脚と健康

O脚は女性にとってはとても気になるものですが、見た目ばかりではなく、健康を考えた場合も無視できない症状です。つまり、O脚は健康を妨げる原因となり得ます。特に腰痛や膝の病気、また背中の痛みや生理痛などになる方が多いようです。

ほとんどの場合、骨盤の歪みから来る症状です。骨盤は体の中心に位置し、動作をする際には重さを支えるためには不可欠な骨格です。この骨盤が健康状態を崩してしまい、脚に影響が出るのです。

また、O脚の方の膝は、通常歩くだけでも健康な方の倍以上の負担がかかることになり、膝の軟骨がすり減る、いわゆる変形膝関節症にもなりやすく、症状がひどくなると手術をしなければならない場合もあります。

O脚には段階、レベルがあります。両方の膝をくっつけた場合に、膝が3センチ程度くっつかない、という場合は、まだ軽度の症状ですが、進行してくると、くっつかない部分が15センチにもおよび、膝にも、腰や足首などにもうまく力が入らなくなってきます。

また骨盤自体も開いてしまって、下腹部にも力が入らず、冷え性や生理不順、便秘や疲労感など様々な症状の原因になってしまいます。

O脚を健康な状態に戻す矯正方法の例として、改善ストレッチがあります。まず、立ったままの状態から、つま先をアウトに開いて、両膝が合わさるようにします。この状態から、前屈と後屈をそれぞれ30秒程度維持します。どちらも膝はくっつけたまま行うのがポイントです。

ここまでできたら、次は、同じ角度を保ったまた、腕を頭の上で組んでから、右に体を曲げ、30秒維持します。もどしたら同様に左に曲げます。いずれもくっつけた膝が離れないようにするのが上手なコツです。

膝にかかる重さは、特に歩いたり走ったりしている場合は体重の何倍もの量と言われています。このため、脚の健康が損なわれると、膝関節の内側に負担が大きくなります。

O脚のままできるだけ負担を軽減させ健康を保つためには、太股の筋肉が重要な役目を果たしますので、ストレッチなどを取り入れながら自宅でトレーニングするのも1つの改善策です。