太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » 腰部脊柱管狭窄症を運動で治す

腰部脊柱管狭窄症を運動で治す

腰部脊柱管狭窄症は実は自宅でのストレッチでしっかりと改善出来たり、予防をすることが出来たりするのを知っていますか?

この病は、近年芸能人のみのもんたさんも手術をした病気として知られていますよね。ではどのような病気なのでしょうか?

脊柱管と呼ばれる背骨の部分が狭くなってしまう病気です。この脊柱管と呼ばれる部分には神経などが多く通っているためその神経が圧迫され、痛みや痺れなどを伴うのです。

みのもんたさんは手術をしてこの腰部脊柱管狭窄症を克服しましたが、手術をすれば必ず良くなるというわけではありません。手術をしても痛みやしびれなどが続く場合があるのです。手術をするにはお金もかかってしまうので出来るだけ手術をしないで改善したいですよね。

そこで、最近の腰部脊柱管狭窄症の治療方法として使われているのがストレッチを行うやり方です。腰部脊柱管狭窄症の治療法は様々あります。

薬を使った方法やコルセットなどの装具を使った方法と多くありますが、その中の一つなのです。脊柱管が狭くなってしまうと血流が悪くなります。血流が悪くなることで様々な症状の原因になっていることが多いのです。

そこで、運動を行うことで血流の流れを良くし、痛みや痺れを和らげるというのがこの方法の改善方法です。このような方法で腰部脊柱管狭窄症の治療を行っている病院は多くあります。

とはいえ出来るだけ近場の病院で行えたほうがいいですよね。そこで、インターネットなどでこのような療法で腰部脊柱管狭窄症の治療を行っている病院をあらかじめ調べておくといいでしょう。そうすることでしっかりとした運動治療法を受けることが出来て安心です。

腰部脊柱管狭窄症は長く続く病気の一つでもあるので出来るだけ早く運動などを行ってしっかりと治療をしていくことが大切なのです。