太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » 外壁塗装と傷み(モルタル)

外壁塗装と傷み(モルタル)

昔ながらの風合いのあるモルタル外壁には、様々な痛みの可能性があります。まずは、主に緑色に生えてくる、カビです。

ヒビなどとは違って塗装を早急に対処しなければならないほどの緊急性はないにしろ、見た目がひどく粗末なものになりがちという性質を持っています。また、健康にとってもよくありません。

カビは、日が当たらない場所、例えば勝手口側、北側の外壁などに多く生息しだします。また特に、ざらざらした外壁にはつきやすくなります。

リシンという外壁には特に多く、築後3年で早くも多いカビで悩んでしまう方も多くいらっしゃいます。また、カビがつきやすいことに加え、高圧洗浄を使ったとしても取るのに一苦労も二苦労もしてしまうのが常です。

しかし、新しく外壁塗装をしなおす場合は、塗膜の影響から外壁はツルツルに再生されますので、カビは以前よりはつきにくくなります。

また、外壁塗装で防カビ剤入りの塗料を使用すると、より長持ちしますので、自分で対応する場合は是非覚えておくとよいと思います。

その他の痛みには、乾燥が原因で起こるクラックがあります。これは、工事が終わって徐々にモルタルから水分が抜けでていくことで、収縮を始めまるものです。

ヒビはある程度のレベルで止まりますが、いたるところに発生してまう場合もあり、見た目はかなり落ち込んできます。

家自体の施工が悪いことで起こるのが、ヒビです。家はちょっとの構造の落差によって徐々にゆがんできます。そして外壁にはヒビとなって現れます。

この場合はコーキング処理することで収まりますが、家自体が10年以上経たないとなかなか落ち着いてきませんので、頃合いを見計らうことも必要です。

その他、塗膜が剥がれる場合は、ほとんどが施工のミスと考えられます。モルタルでは特に少ないケースです。
汚れ、カビを見ると、特にいやな気分になります。

構造に問題を生じることはないですが、できるだけ早く対処したいと思っても手間はかかるものですし、できるだけこまめにチェックしておきたいものです。