太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » 腰椎分離症の治療について

腰椎分離症の治療について

腰椎分離症は発症したばかりならば固定療法だけで治療することが出来ます。コルセットを装着して骨がくっつくまでおとなしくしていれば2~3週間ほどで今までどおりの生活を送ることが出来ます。

骨がくっついたら再発防止のために運動療法を行って腰椎分離症を起こした骨の周りの筋肉を鍛えていきましょう。この時無理して必要以上の運動をしてしまっては逆に身体を壊してしまうので無理は禁物です。

少しずつでもいいので毎日トレーニングを続けて健康的な身体を作りましょう。またこの運動療法による筋力増強は発見が遅れて折れた部分の自然回復が望めない場合にも活躍します。

骨を支える筋肉を鍛えればコルセットのような働きをするようになるので椎骨が分離していたとしても筋肉で骨がずれたりするのを防ぐことが出来ます。

腰椎分離症が完治せず、悪化した場合よく起こるのが分離すべり症です。椎骨が固定されていないと主に前方に椎骨がずれ込んでしまい、脊柱管の神経を圧迫する脊柱管狭窄症を引き起こして腰や背中に激しい痛みと脚部に痺れなどの症状を与えます。

この脊柱管狭窄症の症状は非常に激しく、腰の痛みは歩くことはおろか立ち上がることすら難しくなり、痺れる範囲もはじめは足先程度だったものが下半身全体にまで及ぶようになり、最終的には知覚障害や排泄障害にまで発展してしまいます。

ここまで症状が進むと保存療法による治療では追いつかなくなるので外科手術により治療することになります。

この時行う手術は神経を圧迫している骨を削り取って神経の圧迫を解消させる除圧術や、除圧術を行ったためにバランスが悪くなった骨を骨盤から移植した骨や人口骨といった固定器具を利用して固定する固定術などの大掛かりな手術で、身体に掛かる負担や合併症のリスクなども大きいためこうなる前に病院で検査を受けてもらいましょう。