太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » 変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症は、ひざの関節軟骨が磨耗してなくなってしまうために、ひざの曲げ伸ばしを行う際に痛みを伴う病気です。変形性膝関節症の治療には、保存療法と手術があります。

手術は最終手段として考えたほうが良いでしょう。そして、変形性膝関節症は、完全に治癒することはありません。それは仕方のないことですので、現在、まだ元気だけれども、膝が少し痛むという人は注意すべきかもしれません。

変形性膝関節症の治療としましては、保存療法をお勧めします。これが実は一番効果があり、一番費用もかからない方法であるからです。変形性膝関節症の保存療法は、基礎、薬物、物理、装具、リハビリ等があります。これらを少しご説明しましょう。

基礎は、運動を行うということと食生活を見直し、肥満にならないような生活習慣を作ります。実は生活習慣病の予防といっても良いかもしれません。薬物治療は、ひざの部分に激しい痛みを感じる人に有効です。鎮痛薬や関節注射などがあります。

物理とは、患部を冷やしたり温めたりすることです。ひざの痛みや腫れがひどくなっており、熱を持っている場合には冷やす措置を取ります。しかし、それほど痛みがひどいわけではないが、いつも痛みがあるというといには、関節の部分を温めて血行をよくするようにしなければなりません。

装具というのは、いわゆるサポーターのように足の膝の部分に装具を取り付けます。装具は、膝の安定や矯正に役立ちます。そして、症状も和らげることができます。

足底板やサポーターなどがあります。装具を装着することで、ひざの関節を固定し、無理な動きにならないようにします。また、ひざへの衝撃を受け止め、冷やさないようにもします。

最後に手術は、変形性膝関節症の最終手段として考えてください。痛みは減りますが、完全に治癒することはありません。入院やリハビリなども長引きますから、手術には強い意志も必要です。