太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » 運動で腰痛を治す

運動で腰痛を治す

腰痛の原因として多いのが、運動不足による筋力の低下です。腰の骨、背骨は、体重を支えるためのとても大切な組織ですが、運動不足があると、特に背骨を支えるための筋力が著しく低下します。

またこのことで椎間板、つまり椎体同士に挟まれているやわらかい板が強い圧迫を受け、変形やつぶれてしまうこともあります。このような状態になったら、できるだけ悪化しないように筋肉で保護しなければなりません。このためには、できるだけ運動をして筋肉を付けるのが最善の策です。

また運動できるかどうかのチェックも大切です。例えば過去に腰を手術したことがある方、また医師から色々な指導を受けている場合は、その内容によっては運動はできませんし、神経症状が大きく出ている場合も運動によって患部を悪化させることが考えられます。

また医師から直接運動を禁止されているケースも少なくありません。2番目の例では、坐骨神経痛が出るまで症状が悪化している場合は特に運動による緩和は不可能と考えて間違いありません。 心臓病などで薬を飲んでいる方や、不整脈の場合も、医師の了解は不可欠です。

また運動ができることがわかったら、痛みが出るよな姿勢を取らないように気をつけることが大切です。これさえ守れば、痛みを感じないようにすることにも徐々に慣れ、毎日継続して実践することになります。

実際に運動をする場合のポイントですが、まず腰痛で毎日運動をするというのは精神的に楽しいものでは決してありませんので、できれば自分をやる気にさせてくれるようなパートナーと組むなどの工夫も大切です。家族と毎日のウオーキングを、などの理想の形が取れれば問題ありません。

ウオーキングはちょっとシンプルすぎるのではないか?という方、特に若い方には、ジムなどで水中エアロ、様々なトレーニングができる器具を購入する、などがお勧めです。何事もやる気次第、とはいいますが、実際には治療のための運動の継続は簡単ではありません。