太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » 喫煙による肺がんのリスク

喫煙による肺がんのリスク

喫煙による肺がんやなどにより健康を崩すリスクは、意識していないものの、必ずといっていいほど、健康をむしばむものです。

喫煙をしている国民全体の比率は先進国の中でも日本がダントツであり、とくに肉体労働者やパート、アルバイトなどの男性の喫煙率が多いことが統計上で知られています。

この原因の一つとして知られていることは、彼らのような人たちは、いっときの目につく快楽を求める傾向にあり、身体的な健康よりも、手軽なストレス解消の方法であるたばこによって、ストレスを発散しているという実情があります。

健康への意識が希薄であることも、彼らの喫煙を助長させる原因になっており、喫煙を控え健康を気にするように指摘してくれる人も少なく、むしろ周囲には喫煙を推奨するような環境下にあるため、さらに喫煙を習慣、依存と状況を悪くするような傾向があります。

出来ることであれば、彼らのように喫煙が生活レベルにまで浸透し、経済的な面まで圧迫するような状況にある場合、医師による指導の下、喫煙外来のように定期的に病院に通院するような健康への改善方法が必要になることも考えられます。

そのような政府機関が現在のところ、日本にはなく、個人の負担によって賄われていることも、喫煙者の肺がんや、その他成人病のリスク増大を引き起こしているいったんといえるかもしれません。

喫煙自体は、さらに非喫煙者にとって肺がんなどの健康を害するリスクを高める大きな要因にもなっており、彼らがそれを自粛することが少なく、非喫煙者のめいわくをかいりみることなく、自己の欲望を果たそうとする傾向があるため、周囲との軋轢や、不評を買うようなことさせあります。

一日あたり、紙たばこで20本以上を喫煙する人は、肺がんなどで健康を崩すリスクが非常に高まるといわれ、呼吸器系等に肉体的、精神的な疾患があるにも関わらず、さらに喫煙が精神依存によって続けられているような病的な喫煙者もいることからも、そのような患者には早期の治療こそが求められているといえるのではないでしょうか。