太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » 頚椎ヘルニアの完治

頚椎ヘルニアの完治

頚椎ヘルニアは骨の異常から神経系への影響をもたらしてしまうので、症状や完治までが多少の時間を要しますが決して完治しないということはありません。

医師によっては頚椎ヘルニアに限らず他の腰椎など、体の負担がかかりやすい椎間板に起こるヘルニアは完治しないと唱える方もいるようですが、ほとんどの医師が頚椎ヘルニアは完治するという説を支持しています。

頚椎ヘルニアだけではありませんがヘルニアは再後遺症が残る可能性もあるので、そのため完全な完治に至るには人によっては難しいのかもしれません。

しかし、軽度の場合には数ヶ月程度で発症前と変わらない日常に戻ることができ、更に少し時間をかけることで違和感や多少の痛みもなくなります。

重症の場合には時として手術が必要になることもあり、体への負担やリハビリの期間も保存療法よりも長くかかるため完治し難いとされていますが、手術による後遺症や投薬による副作用がなく適切な治療とリハビリを行うと、時間がかかっても完治することが可能です。

頚椎ヘルニア自体はそれぞれ治療にかかる時間はバラバラですが、完治することができます。ですが神経が圧迫され続けていたせいで神経に多少の損傷が残ってしまい、後遺症が残るということもあり得ます。

また、完治したとしても再発の可能性があるのでしばらくの間は首を思いっきり捻る運動や衝撃を与える行為などは避けた方が良いでしょう。せっかく完治したというのに直ぐ仕事に復帰して業務をしていた時に再び頚椎ヘルニアの痛みが表れた、という方も少なくはありません。

完治と再発を繰り返してしまうと、次第に症状が悪化していくことがあるので、最悪の場合には頚椎ヘルニアを発症した時は軽度のものだったのが重度のものになり、最終的に手術が必要になってしまったということも実際にあり得ることなので、一度完治をしてからのしばらくの間は負担がかかる激しい運動や業務は避けるようにしましょう。