太ももの筋肉を効率的に鍛える方法.com » 椎間板ヘルニアの先進医療について

椎間板ヘルニアの先進医療について

椎間板ヘルニアの最も先進的な治療法が、レーザー療法です。腰椎と呼ばれる腰の大事な骨同士の連携を持っている椎間板は、無理な姿勢の維持や過激な運動などによって腰にストレスをかけると、中身が飛び出してまわりの神経を圧迫して、坐骨神経痛を誘発させるのが常です。

この坐骨神経痛の痛みは足に及び、痛みの他にもしびれ、感覚障害なども引き起こします。若ければ20代から発症し、日常生活や仕事にも直接的に影響してくるこれらの症状を、すぐにでも治療して復帰したい、という方が多くいらっしゃいます。

このような希望にすぐに答えられるのが、この治療法です。椎間板ヘルニアの疑いがある場合、まずは整形外科、脊椎外科のある病院で診断を受けなければなりません。

その結果を見て、この方法が適用可能かどうかを判断しますが、軽度から中程度の椎間板ヘルニアであれば適用が可能です。

もっとも普及しているレーザー治療法は、PLDDと呼ばれます。Percutaneous Laser Disc Decompression、日本語では経皮的レーザー椎間板減圧術と呼ばれ、経皮的、すなわち切開をすることなく、ごく細い管を椎間板に穿入し、そこからファイバーをあてて椎間板内の髄核の中心をレーザの熱で蒸発させる方法です。

内部を蒸発させれば、外部に飛び出したヘルニアは内部へ戻る作用を起こします。この結果、神経の圧迫を排除して、健康な状態に戻すことができます。

保存療法と手術療法の中間的な存在と言われる療法ですが、ブロック注射も同じ部類に入ります。注射とレーザー手術ではカテゴリが違うように思われますが、保存療法より効果が早く、また、手術のように切開をしないという意味ではやはり同じ種類と考えることが可能です。

レーザー治療は国が認定した先進医療のため、保険適用ができません。医療ローンやクレジットローンなどでの利用がもっとも一般的のようです。